トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

トレーナーを目指すきっかけ

トレーナーという職業を目指すきっかけの1つは、高校
時代経験にあります。

 

高校時代、腰痛に悩まされていました。市の鍼灸整骨院で
“腰椎ヘルニア”と言われ、部活を休んでいました。しかし、
痛みは引かず、大学病院へ行き、精密検査を受けることに。
病院での検査結果は、「特に異状なし」。

腰痛の原因が分からないまま、少しずつ練習を開始しましたが、
なかなか痛みが引かず、思うように練習ができませんでした。

 

【過去の反省点】

  • ストレッチなどしていましたが、十分に効果の得られる
    内容ではありませんでした。もっと正確な知識が必要
    でした。
  • 当時の症状は、「腰痛」のみでした。その他の神経症状
    はなかったので、腰部の筋に形成されたTPによる痛みで
    あったと考えられます。的確な鍼治療をしていたら、
    症状の早期改善が望めたと思います。
  • ただ安静にするのではなく、リハビリや補強トレーニング
    を行うことで、さらなる早期復帰が望めたと思います。

高校の部活動にトレーナーがいる在籍しているケースは少ない
です。また、授業や学校行事、そして練習時間のため、十分な
リハビリやトレーニングの時間を確保するのは難しいかと思います。

 

しかし、私のように痛みや、思うように部活に集中できないと
悩まされている人も多いかと思います。
このような人を一人でも減らすべき、トレーナーという職業に興味
を持ち、その道を目指すことになりました。