痛くない鍼を打つための工夫

鍼治療というと、

「痛そう」「痛い」

と言われることがよくあります。

 

確かに、「鍼を刺される」という行為は怖いものです。

注射を打たれる、画びょうを踏む、など同じ針(ハリ)と呼ばれる
ものが刺さるととても痛いです。

しかし、我々鍼灸師が用いている鍼は、針と同じようにハリと呼ばれて
いますが、針とは大きく異なります。

 

鍼を作る技術、鍼灸師の鍼を刺す技術により、痛みを感じにくく治療
することができるようになっています。

 

管鍼法

日本では、鍼と鍼管(しんかん)という管がセットになった管鍼法
(かんしんほう)という刺鍼方法が用いられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当治療室では、鍼と鍼管がセットになって、滅菌消毒・個別包装
されたものを使用しています。
鍼管を用いることで、細い鍼でも刺しやすくなり、鍼の材質も変わ
り、現在では髪の毛ほどの太さの鍼が用いられるようになりました。

 

使用する鍼や鍼管そのものも改良されています。

実は、鍼先はただ鋭くなっているわけではありません。

 

 

 

 

 

図のように、左のJタイプは松葉のように少し丸みを帯びさせており、
Jタイプより新しいJSPは、さらに先端を丸くすることで、刺入時の痛み
を小さくすることができているそうです。

さらに鍼管の方も、皮膚と接触する部分に少し丸みをつることによって、
あたりを柔らかくしています。

 

 

 

 

 

 

 

→当治療室で使用している鍼について

 

押手の工夫

「押手」とは、鍼と鍼管を支える手の型のことをいいます。
右利きであれば押手は左手でつくります。

この押手が、痛みのない鍼を刺すために大きく影響していると
考えており、とても大切にしています。

 

 

 

 

 

 

上の写真のように、皮膚面に三角形の隙間をつくるような
押手を作ってしまうと、皮膚がピーンと張らないため、切皮痛
が強く出てしまいます。

 

 

 

 

 

 

このように、母指と示指(人差し指)の接線と鍼を刺したい
皮膚面が垂直になるような押手を作ると、鍼管を入れたときに、
皮膚がピーンと伸び、鍼がスパッと入り、切皮痛が小さく、
ほとんど痛みを感じません。