トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師になるためには

まずは学校に通います

はり師・きゅう師(あわせて鍼灸師と呼ぶことが一般的)、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得するには、それぞれ専門学校(大学)に通って、国家試験の受験資格を取得することから始まります。そして、年に一度(2月末)の国家試験を受験し、合格すると、免許を取得できます。
  • はり師・きゅう師の2資格のコースを専科
  • はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の3資格のコースを本科
といい、コースによって受験できる国家資格の数が異なります。  

開業権があります

鍼やマッサージ治療を提供している治療院は数多くみられます。 都内であれば、ほぼ各駅前に接骨院・整骨院(柔道整復師)があり、美容室や歯医者さん、コンビニよりも多い場合もあります。 国家資格治療院には以下のようなものがあります。
  • 鍼灸師のみ → 鍼灸院
  • 柔道整復師のみ → 整骨院、接骨院
  • あん摩マッサージ指圧師のみ → マッサージ院、あん摩院、指圧院など
  • 鍼灸師・柔道整復師 → 鍼灸・整骨院(接骨院)
  • 鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 → 鍼灸マッサージ院
これらは、保有している国家資格によって、名称が異なります。 業務形態や雇用形態にもよりますが、代表者一人がすべての国家資格を保有していなければならないわけではありません。資格を保有している人を雇用し、役所に申請すれば、名乗ることができます。 鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、そして柔道整復師は、開業権があります。これは、大きな特徴です。 似たような職業である病院内でリハビリを担当している「理学療法士(PT)」や「作業療法士(OT)」とは大きく異なる点です。 開業権があるので、国家資格を取得してしまえば、所定の条件をクリアすることで、施術所を開設することができます。そのため、治療院(施術所)が乱立しているとも言えます。。。 そんな中から、自分に合った施術所を選ぶのは、本当に大変なことです。  

どこへ行ったらいいの?

どうしても通えない方から、「どこか紹介してくれないか?」という質問を受けることがしばしばあります。 正直、この質問が一番難しい質問とも言えます。 なぜなら、治療院によって、施術内容が大きく異なっています。 専門学校や大学は『3年制の自動車教習所みたいなもの』で、専門学校であれば最短3年間、大学であれば最短4年間、学校に在籍し、単位を取得します。これは法律で決められているため、減らせません。 学校では、実技や理論を学び、卒業前に実技試験を受けます。そして、1年に1回、国家試験を所定の場所で受けます。合格率も受験する年度によって多少推移しますが、平均して6~7割と、自動車の免許と大差ありません。 学校で学ぶ内容は、あくまでも基礎的な部分で、国家資格者として最低限必要な知識や技術を修得します。 国家資格を取得すると、免許状が発行され、晴れて国家資格施術者としてお仕事ができます。しかし、まだ免許取りたてのペーパードライバーならぬ、ペーパー施術者です。学校で習うのは基礎的な部分であるため、実践的ではありません。 自動車であれば、両親が隣に座って指導したり、まわりのドライバーの運転に影響されたりしながら、1年2年と経験を積んでいく中で成長していきます。その過程で、上手くなる者とそうでない者とに分かれます。施術者も同じです。所属する治療院のやり方、勉強会に参加して見よう見まねで技術を磨いていきます。 中には、独学・フィーリングで施術している場合もあります。 つまり、卒業後の本人次第なのです。 そのため、「どこの治療院がいいですよ」とおすすめするのが難しく、皆さんも治療院選びに苦労してしますのです。