トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

四十肩・五十肩に対するTP鍼治療

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩は、性別に関係なく、40~60代にかけて生じる、
肩関節周囲の痛みや関節の拘縮を言います。40代に発症すれば
四十肩、50代で発症すれば五十肩と呼ばれる名称が変わります。

また、四十肩・五十肩では、関節が拘縮して動かしにくくなる
ことから、凍結肩(Frozen Shoulder)ということもあります。

どうして40代、50代頃になるとこのような症状が起こるのか、
ハッキリとした原因は分かっておりません。一般的には、肩関
節周囲の軟部組織が、加齢による退行変性を基盤に炎症を引き
起こすためと考えられています。

【注意】

  1. 肩の局所の痛みや発赤、腫脹があり、疼痛が激しい場合には
    「石灰沈着性腱板炎」
  2. 拘縮がない場合には、「腱板断裂」や「上腕二頭筋長頭腱障害」

などの疑いがそれぞれあるので、ご注意ください。

 

四十肩・五十肩の一般的な経過

一般的な四十肩・五十肩の経過は以下のような経過を辿ります。

  1. 痛みが強くて、肩を動かせない時期(約3週間)
  2. 痛みは落ち着くが、固まって動かせない時期
  3. 徐々に動かせるようになる

3の時期では、ピーク時の痛みが治まり、可動域も改善してきますが、
やはり、元の可動域までは戻らないことが多いです。

また、1の時期に、「四十肩・五十肩は、肩をぐるぐる回した方が
いい」と思い、無理をして動かしてしまうと、かえって症状は
悪化してしまいます。リハビリを開始するのは2の時期からがオス
スメです。

 

TP鍼治療

施術は痛みの強い1の時期から開始するのがベストです。
痛みを少しでも早く和らげるだけでも日常生活を楽に送る
ことができ、さらに、のちの関節拘縮を抑えることもできます。

施術のポイントとなる筋肉は、「三角筋」と「棘下筋」という
肩関節の動きに関与する筋肉です。どちらか一方が原因である
こともあれば、両方が接する部分にトリガーポイント(TP)が
形成されることもあるので、丁寧に探す必要があります。

このうち、今回は「棘下筋」に注目します。「棘下筋」は
肩甲骨に張り付いている筋肉で、走行が分かれています。
そのため、細かく筋肉を触擦し、活性化しているTPを探します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主に黄色の〇の部分にTPができることが多いです。触察に
よって丁寧にポイントを検索し、鍼を当てていきます。

また、四十肩・五十肩に限らず、肘関節や手関節の痛みや
痺れ症状の時にも施術対象となる大切な筋肉です。

 

痛みが落ち着き、夜、痛みで起きるようなことがなくなって
来た頃を目安に、肩関節の可動域を回復させるための運動を
開始していきます。
運動を併用した方と、併用しなかった方とでは、回復スピード
が2~3か月ほど遅れていました。