自分のホームページを持つとは

私はwordpressというコンテンツ管理システムを利用してホームページ、ブログを投稿しています。

wordpressを利用するには、自分のURLを取得し、サーバーを借りなければなりません(完全無料ではありません)。
費用をゼロに抑えたい方は、アメブロやLINE、その他のシステムを利用することをおすすめします。そのデメリットとしては、自分の事業とはまったく関係のない広告が掲載されてしまうことです。それだと、治療院や個人ジムのホームページを作成する際、とてもカッコ悪いです。

「そんなの関係ない」という人もいるかと思いますが、やはり見た目は重要です。
そこで私は売上が立つ前から、サーバー料を支払いながら自分のURLを作成してホームページを用意しました。

なかなか聞ける相手もいませんでした。
そこで、私は本や様々なサイトを参考に、自分で調べてゼロから構築しました。
そんな私の経験をお伝えしていきます。

サーバーを借りる

まずエックスサーバーという会社のサーバーを借りました。

エックスサーバーは、10日間の無料お試し、そして、サーバーを契約するとドメインが1つプレゼントされます。

ちなみに、
 サーバーは土地
 ドメインはURLのことで、住所・戸籍
みたいなものと考えてもらえればよいと思います。

このエックスサーバーは、ワードプレスとの相性が良いそうです。
他にももっと安い会社があるようですが、いろいろ精査して、エックスサーバーにしました。

テンプレートを選ぶ

まずは自分が「どういう内容を掲載したいか?」を考えましょう。
漠然としたもので構いません。その内容によってテンプレートを選んでいくと良いと思います。文章中心のブログ形式なのか、写真中心でいくのか、動画を多めにしていくのか、よく考えてみてください。

私は、写真を撮る習慣がなく、そして、現場では基本的に写真を撮る機会がない、NGのことが多く、掲載できるものが少ないので、それにあったテンプレートを使用しています。

先ほどから「テンプレート」「テンプレート」と言っておりますが、ワードプレスには、有料と無料のテンプレートが豊富にあります。
テンプレートは、ホームページの骨組み、形のことです。四角のカード上に新着ブログが表示されたり、箇条書きに表示されたり、アニメーションがビューンと流れたり、本当にたくさんあります。

私はこれまで無料のテンプレートを利用してきました。
正直、有料のテンプレートと遜色ありません。無料のテンプレートで気に入った形があればそれを利用されたら良いと思います。

現在、私が利用しているテンプレートは「LIQUID PRESS」のCORPRATEです。
デスクトップで開いたとき、モバイルで開いたとき、いずれも見やすく、カッコいいなと思い、購入しました。

LIQUID PRESSには、無料のテンプレートもあります。ものは試しに利用されても良いと思います。

まとめ

サーバーを選び、ドメインを取得して、テンプレートを決めたら、あとは自由に投稿していきましょう。
投稿していく過程で、「サイトの上部にメニューを設置しよう」「右側にこれを設置しよう」「インスタをリンクしよう」「文字の色やサイズを変えよう」「トップ画像や背景はこれ」といったように、どんどんカスタマイズしていきましょう。

私も、試行錯誤しながら現在の形に落ち着いています。
この形に落ち着くまで、4~5回はテンプレートを変え、内容も工夫しています。まだ正解が何なのか、どうしたらたくさんの人に見てもらい、それが仕事につながるのか、わかっていません。わかる日が来るのか。。。

正解を見つけるためにも、なるべく毎日記事を投稿することも大切でしょう。
仕事をしながら、勉強をしながら、そしてプライベートを充実させながら記事を投稿するのは難しいことだと思います。しかし、何か1つでも他の人と差別化をはかり、人から選ばれるようになるには、そうした努力も必要です。