職場としての治療院選び

患者さんが治療院選びに苦労するのと同じくらい、もしかすると、それ以上に苦労するのが、職場としての治療院選びだと思います。

何を基準に選んでいいのか、
そして
求人広告には、いいことばかり書かれていて、実際に働いてみると「?」な部分が多くあります。

これに関しては、どの職業でも同じだと思いますが、せっかく資格を取り、大きな目標を持って働き始める職場ですから、是非良い環境で働いていただきたいと思い、私が経験し、失敗した点、成功した点をお話ししていきます。

どんな治療院で働くか?

これは非常に難しい質問です。私自身、非常に苦労しました。
ぶっちゃけていうと「縁」「出会い」となってしまいますが、少しでも治療院選びで失敗しないためのアドバイスをしたいと思います。

仕事選びをする際、学生時代(入学前を含む)国家資格保持者とでは、条件が大きく異なるので、今回は鍼灸、あん摩マッサージ指圧師の専門学校在籍時の職場選びにフォーカスします。

学生時代の鍼灸院やマッサージ院で働くのは非常に難しいです。

なぜなら、国家資格を持っていないので、施術業務ができず、お金を生み出せないからです。
無給で研修させてもらえたとしても、お金を生み出せない学生を「雇う」メリットは、雇用主側にありません。

当然ですよね。

人を雇うのは、雇うことで「売上が伸びる場合」だからです。
1円も生み出さない人を雇うのは、事業主には何のメリットもありません。
この話は、さまざまな経営、起業の本を読み学んだ内容です。

ではどうするか。

治療院で、患者対応、実践を経験できる環境として「接骨院」が挙げられます。
接骨院であれば、徒手による手技は保険診療には含まれておらず、サービス扱いになるので、学生であっても施術に入ることができます。
学生の時から施術に入れるのは、卒業してから治療院で働き始める人より一歩先へ出られます。

先へ出られるといっても、私の感覚では「ほんの一歩」であり、大きなリードだとは思っていません。

なぜなら、柔道整復師の院長やその部下が教えてくれる手技は、あくまでマッサージ“風”なものです。この方々は、あん摩マッサージ指圧の基礎をきちんと学んだわけではなく、自身の経験で培ってきたものを教えてくれているだけです。
もちろん、技術職なので経験は非常に重要なものですが、やはり、基礎的な技術、理論があっての経験だと私は思っています。

また、中にはカイロプラクティックもどきの手技を行っている治療院もあります。
カイロも、きちんと学んで実践するのであれば効果も大きいのでしょうが、生半可な知識・技術で施術するのは事故のもとです。そういったリスクを考慮して治療院を選びましょう。

学生のうちはどこで働くべきか?

私がおすすめする学生時代の働き方は

「時給のいいバイトをし、勉強に時間をかける」

です。
勉強といっても、学校の授業を一生懸命受けるだけでなく、

  • さまざまなセミナー、講習会を受ける
  • 興味のある治療院へ行って見学させてもらう
  • 本を読んで治療以外の分野の勉強をする

といった勉強が大切です。
実践でしか得られないことは確かにあります。
しかし、時給は安く、拘束時間も長いので、ストレスも大きいと思います。

それなら、時給1,000円以上で、休みの融通がききやすい仕事をしながら勉強をした方がメリットは大きいと思います。実際に国家資格を取得して仕事をはじめると、勉強する時間を捻出するのは本当に大変です。

学生の時間だからこそできることがあります。
「学生の時代から治療院で働く」というのが1つのセオリーのようになっていますが、そこで得られるリードは、せいぜい一歩程度です。

焦らず、ゆっくり勉強していきましょう