トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

日本の鍼について

鍼についての質問を受けることがあるので、鍼の歴史についてご説明します。

鍼は中国で起こりました。鍼の太さも長さも日本の鍼よりも大きいものが多いです。日本の鍼は管鍼法(あとで記載)で刺入するのに対し、中国の鍼は撚鍼法といって、皮膚に圧を加えながら鍼を捻って刺入していきます。

一方、日本の鍼は杉山和一(盲目の鍼灸師)によって発明された管鍼法を用いています。鍼管という管と鍼がセットになっていて、鍼管から2㎜ほど出ている鍼柄という鍼を持つ部分を指で叩いて刺入します。この叩くときのスピードと鍼管を押さえる押手が「痛くない鍼」を指すための秘訣です。

当時は、金の鍼(金鍼)や銀の鍼(銀鍼)が使用されていました。金や銀の鍼は、柔軟性・弾力性に富んでいて、人体組織へのなじみが良いとされています。しかし、効果であること、繰り返して利用するには耐久性が低いのが難点です。

上記の金鍼や銀鍼を使用していた当時(現在も一部の鍼灸院で使用しているそうですが)は、鍼を消毒して繰り返し使用していました。マイ鍼を購入していただくことで、感染のリスクを小さくしていたそうです。

しかし、現在日本で主流になっているのは、ステンレスのディスポーザブル(単回使用)の鍼です。金や銀の鍼と比べて安価であり、滅菌に耐えられるのが一番の特徴です。

当治療室では、鍼管と鍼が対になって、それぞれ高圧滅菌処理されたものを使用しています。 中には鍼4~5本と鍼管が1本ついたパッケージの鍼も販売されています。鍼のメーカーやタイプによって異なるので、どのタイプの鍼を使うかは鍼灸師の好みです。

このように

鍼 → 東洋医学 → 中国

と連想されるかと思いますが、実は、管鍼法という現在日本で主流になっている鍼の刺し方は、日本流だったのです。

そして、この管鍼法という手法が作られたことで、鍼をどんどん補足することができ、刺入時の痛みが限りなく小さくすることができ、美容鍼のように顔に鍼を刺したとしても、ほとんど内出血が起こらないのです。