トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

心を鬼にして戦ってます

我が家では、毎晩、壮絶なる戦いが繰り広げられています。

これまで息子は、妻が寝かしつけをしておりました。
昼寝は、抱っこやベビーカー、車で寝るのですが、夜だけは100%妻です。

ですが、「もうすぐ2歳を迎えるわけだし」ということで、急遽、断乳を決断しました。

まず、いつも通り寝る準備をします。
歯を磨き、おむつを交換。
そして、妻が隠れます。私と息子のみの環境を作ります。


当然、ママがいなくなり、息子は大焦りです。
生後まもなく、息子はものすごい勢い、ぶちギレたように泣いていました。誰もが驚く勢いで泣いていました。現在は、体も大きくなり、その破壊力はさらに増しており、ものすごい力で泣いています。

妻は、その鳴き声に負けてしまうので、イヤホンをして音楽を聴き、鳴き声をシャットアウトし、心を鬼にしてグッと耐えています。


私は寝室で横になり、息子が寝るのをただひたすら待ちます。
「かわいそう」という気持ちもありますが、それより泣いている際にする仕草が面白くて、笑っております。

5分ほど泣きわめくと、やっとママを諦め、私のところへ来て、抱っこを求めてきます。抱っこから5~10分もすれば、寝ます。
ずっと横にいるのに、いないママを探す姿を見ると、赤ちゃんにとってのままの存在がどれだけ大きいか、そして「パパの無力さ」を痛感させられています。。。
さびしい。。。


まだ横になって、トントンして寝るまでは時間がかかりそうですが、息子にとっては大きな成長です。


ご近所の皆様には、夜遅くにご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、どうかお許しください。