トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

帰省

夫婦二人の時代は、あまりというより、ほとんど実家には帰っていませんでした。
しかし、子どもが生まれてからは、時間があれば両親に孫を見せるために帰省するようになりました。

 

今回は、孫を見せるほかに3大ミッション

  1. 実家にある柿の木を切る
  2. 私の前職場へ挨拶へ行く
  3. トレーナー活動(高校バスケットボール部の新人戦)

がありました。

 

柿の木は、物心ついたころからあり、毎年、時には各年、たくさんの実をつけてくれます。
我が家の自慢は、特に手入れをしていないのに「おいしい」ということです。

ただ残念なことに、実を取るのが大変ということです。屋根に乗り、川に落とさないよう高枝切りばさみと自作のネットを駆使してキャッチしています。
今年も100個近くの実を取り、70個ほど、川に落としてしまいました。。。

 

そして、前職場のある国立駅へ。

私が勤務を始めた頃には、国立駅の名物、赤い屋根の駅舎は取り壊されて、新駅舎の工事が始まっていました。2年?3年ほど前に新駅舎が完成し、現在は、バスロータリーの改修、そして、赤い駅舎の復元工事が始まっていました。

 

新人戦の方ですが、、、残念ながら初戦敗退です。
体育館へ着くと、既に試合は始まっておりましたが、大差で負けており、第4ピリオドで追い上げたものの、時すでに遅しという状況でした。
幸い、打撲程度のケガだけで済みましたが、ラグビーと違い、バスケはバスケの面白さがあるなと思いました。

 

帰省すると、どうしても予定を詰め込んでしまいます。今回もバタバタしてしまいましたが、とても充実した日々を過ごせました。