字は丁寧に書く!!

字を書く機会はめっきり少なくなりました。

そうであったとしても、大切な書類を提出するときには字を書かなければなりません。
そんなとき、自分の字を見て、「下手だなぁ」と。。。

小学生の時、習字を習っていましたが、硬筆まではたどり着きませんでした。
この年になってから、「もう少し頑張るべきだったなぁ」と思うばかりです。

今の時代、お店からのDMに宛名だけでも手書きで書かれているのを見ると「お!読んでみよう」と思うものです。(私だけでしょうか?)

ですが、せっかくの手書きであっても、その字が汚いとがっかりします。

字が下手でもいいんです。
「丁寧に」書いているかが重要だと思います。


もちろん、何枚も何枚も手書きで書くのは非常に労力を使います。徐々に気持ちが入らず、雑になってしまう気持ちも分かります。それでも「一生懸命」、「キレイに書く努力」は、相手に伝わると私は思っています。

これまで履歴書や願書などを何枚も、何十枚も書いてきました。

最近では、求人募集や入学願書もオンライン申込になり、手書きする必要がよくなっているみたいです。
PCで入力するのは楽です。間違えたとしてもすぐに直せます。
処理する側も、ソートをかけて分類分けするのも容易になります。

今はまだ求人を出す立場にありませんが、今後、そのような立場になったとき、私は「手書き」を求めると思います。それは、字の丁寧さに、その人の人柄が出ると思っているからです
自分の人生を左右するかもしれない大事な書類でさえも丁寧に書けないような人に対して、「え?大丈夫?」と不安をおぼえます。

これまで、何枚も履歴書を見てきました。

履歴書という、自分をアピールする大切な書類で字が雑な人は、多分に漏れず、仕事への取り組み方、そしてその後の成長もよくありませんでした。


アスリートにも、とても字がきれいな選手がおりました。
そのような選手たちは、練習でもウェイトでも、そしてファン対応素晴らしかったです。

『字が丁寧か』

今後人を雇うことが来た場合、字が丁寧かどうかは、私の中では重要なチェック項目となります。
ある本に書いてありましたが、求人募集をする際、課題を科すことでより良い人材を求めることができるとありました。私の場合、その課題が「履歴書を手書きする」だと考えています。

人に求める以上、私自身も丁寧に書くように心がけていきます!