トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

四十肩・五十肩について

 特に40、50代になると突然発生する肩や腕の痛みを四十肩・五十肩と呼んでいます。凍結肩(frozen shoulder)ともいい、関節が拘縮して動かしにくくなることを表しています。

肩まわりに突然発生するなぞの痛み、ということから医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれ、今のところ、肩関節周囲の軟部組織の加齢による変性が原因と考えられています。そのため、病院でレントゲン検査を行ったとしても、特に異常が見当たりません。

※40、50代に「肩が痛い」という理由で肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)と考えてしまいがちですが、石灰沈着や腱板損傷の疑いもあるので、ご注意ください

 原因不明なので、適切な治療法がなく、症状をこじらせ、可動域が制限されてしまいますが、筋肉に形成されたトリガーポイント(TP)を治療することで、症状が大きく改善します。

TPは、筋肉を長時間収縮(緊張)させたり、反復動作したりすることよって形成されます。特に「棘下筋」という肩甲骨に張り付いている筋肉が悪さの原因となります。

棘下筋は、上部線維や下部線維に分かれています。特にこの分かれている部分にTPが形成されやすいです。棘下筋を細かく手で確認し、「あ!そこ!!」という『認知覚』を丁寧に探し出し、鍼を刺します。

 四十肩・五十肩は、主に3つの経過をたどります。

①痛みが強くて、夜も眠れず、肩を動かせない時期(約3週間)
②痛みは落ち着くが、固まって動かせなくなり始める時期
③徐々に動かせるようになる

 ①の時に無理をして肩を動かしてしますと、かえって症状は悪化してしまいます。この時期にTP鍼治療を開始し、痛みを和らげることが大切です。痛みのピークをなるべく小さく、早く迎えることで、リハビリを早期に開始することができます。

リハビリは②の時期から開始しましょう。動かす際に多少痛みを伴うかもしれませんが、ここでの頑張りが、後の可動域制限も小さくなります。

 症状にお困りの方は、tksk.room@gmail.comまでお問い合わせください。