生活リズムを大きく崩さない

個人事業主や、指名でお仕事をする美容師さん・鍼灸師のような職業では、体調管理が非常に大切です。会社員であったとしても、簡単に仕事を休むわけにはいきません。

「有給休暇」もあるかと思いますが、個人事業主や指名でお仕事をしている人たちにとっては、「休む=売上が下がる」ため、なかなかお仕事を休むわけにいきません。そうして無理をすることで、家庭をないがしろにしてしまったり、体調を崩してしまったりするという話を耳にします。
こういった部分の改革をどう行っていくのかが重要だと考えています(まだ具体的な解決策が見つかっておりませんが・・・)

もちろん、冠婚葬祭ややむを得ない理由で仕事を休む可能性はあります。
そういった場合を除いて大切になるのが、「いかに良い体調(状態)をキープしてお仕事をするか」だと思います。
我々はスポーツ選手ではありませんが、これはプロアスリートが試合に向けて体調を整えるのと同じだと考えています。

私は、遅刻や早退、欠勤をここ15年くらいしておりません。
では、どんなことに気を付けているのかというと、「生活リズムを大きく崩さない」です。

  • 就寝、起床時間
  • 出勤前や帰宅後の流れ
  • 休みの日の過ごし方

など、大きく変えることなく、ほぼ同じような生活リズムを保った生活をしています。

休みの日にどれだけたくさん寝たとしても、翌日の仕事で眠くなることはあります。
むしろ、寝すぎたために「せっかくの休みを無駄にした」という気持ちが残ります。
であるならば、仕事の日と同じような生活をして、仕事の日にはできないことをし、少し昼寝をする方がよいと感じています。

ちなみに、いつも起きている時間よりも2時間以上朝寝坊をすると、体内リズムが乱れてしまいます。乱れた体内リズムを戻すのに数日かかり、それが疲労へとつながります。
いつもより朝寝坊をするくらいなら、早めに寝る、または間に昼寝を入れる方が良いそうです。


私の周りで公私ともに充実している人は、本当にパワフルで、仕事もプライベートも全力です。「どうして疲れないの?」というくらいアクティブです。
自分なりの方法を見つけて、公私ともに充実した生活を目指しましょう。