マイナーチェンジ

「マイナーチェンジ」という言葉は、自動車でよく使われる言葉です。
同じモデルの自動車を、数年ごとに小さい改良を加えていき、5年、10年に1度、「フルモデルチェンジ」という形で大幅に改良していきます。

この「マイナーチェンジ」という言葉は、我々の目標設定でも使える言葉、考え方だと思っています。

まずはじめに自分の最大の目標を立て、それに向かって努力するため、短期・中期的な目標を立てていくことが多いと思います。

目標に努力していく過程で、
「あ!あっちの方がいいかも」
「こっちの道もいいな」
と、最大の目標を達成するために設定した短期・中期目標を修正、改良します。
これは、勉強や経験、人との出会いによって気づかされてきました。また、今回のCOVID-19による自粛のように、まわりの環境によって目標を修正せざる負えない場合もあります。


この短期・中期目標を改良することが、自動車のマイナーチェンジに似ていると思っています。
もちろん、一度もマイナーチェンジをすることなく、自分の最大の目標を達成できてしまえば言うことありませんが、そんなうまい具合に話が進むことはまず無いと思います。少なくとも私はそんな人生を歩んでいません。


参考までに。
私自身、
「プロスポーツチームのトレーナーになりたい」
という漠然とした目標を高校生のころに立て、右往左往しながら、時には諦めようと思ったこともありましたが、多くの方のお力添えもあって、現在に至っています。

おそらく16、17歳ごろなので、あれから約20年。
目標地点は変わっていませんが、その過程の短期・中期目標に関しては、何度もマイナーチェンジをしてきました。


今こうしてプロスポーツ、それも自分が小学校のころから夢中になっていたバスケットボールのチームでトレーナーとして活動できているのは、非常にありがたいことです。諦めないでよかったです。


そろそろ、新しい大きな目標を作る「フルモデルチェンジ」の時期に来ています。

まだ具体的なものはできていませんが、これを達成するのに10年20年かかるかもしれません。
諦めたくなることもあると思います。
そんな時は、「マイナーチェンジ」をして乗り越えたいと思います。