トリガーポイント鍼治療、アスレティックトレーナー活動に関する情報を発信
TKSK room 高崎はり・きゅうマッサージ室
03-6228-7003
tksk.room@gmail.com

トレーナーという職業を知る

私のように、
トレーナーになりたい!
と思っている学生はたくさんいるかと思います。
そんな人たちの参考に、私がどういう経緯でトレーナーという職業を目指したのか、簡単に紹介していきます。

まずは、どのようにしてトレーナーという職業を知り、自分もなりたい!と思ったのか。
そのきっかけは、高校時代、バスケ部にトレーナーが遊びに来たことが始まりです。
今でこそ、中高校の部活にも専属のトレーナーがいますが、当時はほぼいませんでした。

高3になり、進路を決める際、どうしたらトレーナーになれるのかわからず、とりあえず「スポーツ」がつく学部、体育系の学部を目指しました。

一浪して進学した東洋大学では主に、寝たきり防止や生涯スポーツについて勉強する学科でした(ちゃんと調べていませんでした・・・)。大学を中退して専門学校も考えましたが、恩師の指導の下、解剖学や生理学を一生懸命学ぶことを決意し、学外でトレーナー活動に励みました。
学外でのトレーナー活動としては、母校のバスケットボール部のお手伝いです。公式戦や練習試合、合宿、練習に可能な範囲で参加し、覚えたてのテーピングやストレッチをどんどん実践させてもらいました。

大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校に入り、付帯授業としてアスレティックトレーナー専攻科でトレーナーの勉強をしました。
いろいろ回り道をしながら、現在に至っております。